資料サンプル

資料請求頂くことで全ページをご覧いただけます

目次
  • 行動の「量」と「質」を分けてウォッチ
  • 課題とKPIを絞り込む必要
  • KPIを見るときのお勧め
  • 「フェーズアップ」や「案件作成」には、トップから頻繁に声がけを
  • 成功・失敗の原因をカテゴリ化する
  • KPIを組織で効果的にモニタリングするに

KPIを見る上で気をつけるべきポイントとは

よく、経営者や営業マネジャーの方から「KPIについては、どういうポイントを見たらいいですか?」というご質問を受けます。

KPIを見る上で気をつけなければいけないのは、
・行動の「量」と「質」とを切り分けて考えること
・いっぺんにたくさんの指標を見ようとしないこと
です。

特に組織として見たいポイントを絞り込み、重点KPIをトップがきちんとウォッチしているというメッセージを社内に発信し続けることが重要です。

また、KPIの管理については鍵となるフェーズについて、「うまくいく場合」「うまくいかない場合」をカテゴリーに分けて集計分析することによって、勝率を上げていくことができます。

この記事が気になった人は、
こちらのサービスを!

特徴とこだわり

FEATURE

“みんなが売れる”ために、リアリティのある施策を。
TORiXが提供するサービスの特徴やこだわりを、ご説明します。

4万人の支援と、2万人の調査!

誰でも、早めに、成果を提供します!

私たちの実績はこちら!

ランキング

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY

まずはお気軽に!