2024.06.04

他社を気に入っている会社への新規提案

今回は、新規取引のアカウントを拓きたいが、お客様が競合他社のサービスを長年使われていて「間に合ってます」と言われている際の初回訪問についてお話します。

逆転受注に向けた提案機会をいただくステップは5段階です。

①説得しない

②他社の良い点を聞く

③洗いざらい聞く

④「120点質問」をする

⑤提案機会をいただく

①説得しない

まず、やってはいけないのは「当社の方が優れているので…」といきなり説得することや「何とか提案をさせていただけませんか」と懇願することです。  競合他社を長年使っているのはお客様の選択なので、そこをいきなり覆しにいくのは危険な行為です(他社導入を決めたのは、目の前のその方かもしれない)。

②他社の良い点を聞く

「お話する時間をわずかでもいただけてありがとうございます。せっかくの機会なので1つ伺いたいのですが」の枕詞で、

●他社の導入理由や経緯
●他社に感じている良い点

からヒアリングしましょう。いきなり「他社に感じる課題」から聞くと、売り込まれないようお客様のガードが固くなってしまいます。

③洗いざらい聞く

他社の良い点をあまり深く聞きすぎると、後で自分が提案しづらい状況(やぶ蛇)になるのではと懸念する営業の方がいます。  しかし、「なぜ、お客様は他社を良く評価しているのか」を理解しないままに逆転を狙った提案をしても響きません。とことんまで、根掘り葉掘り聞くことが重要です。

④「120点質問」をする

他社の良い点を洗いざらい聞いたら、「ちなみにA社様への満足度は、100点満点中、120点ぐらいですか?」と質問してみましょう。  どんなに長年使っていても、若干の不満はあるので「いえいえそんな。まあ、●●点ぐらいですかね」と返ってくることが多いです。そこにかぶせて深掘り質問をすることで課題を聞いていきます。

⑤提案機会をいただく

良い点を洗いざらい聞き、課題も聞き出したら、「ここまでお話しくださってありがとうございます。せっかくこんなにお聞きしたのに、これを無駄な時間で終わらせてしまっては申し訳ありませんから、弊社にも一度提案させていただけませんか?」と打診してみます。これで逆転を狙った提案機会を獲得できることがありますよ。

特徴とこだわり

FEATURE

“みんなが売れる”ために、リアリティのある施策を。
TORiXが提供するサービスの特徴やこだわりを、ご説明します。

4万人の支援と、2万人の調査!

誰でも、早めに、成果を提供します!

私たちの実績はこちら!

ランキング

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY

まずはお気軽に!