2017.08.31

コラム

20代・30代の過ごし方<前編>

「20代・30代の過ごし方」というテーマで、2回に分けて私自身のケースについてお話をしていきたいと思います。
今回はその前編です。

ざっくり言いますと、20代の時は何かに対して自分の時間を可能な限り全部注ぎ込む、「圧倒的な集中」というのがキーワードだったかなと思います。

そして30代になった時、人と一緒に何かを成し遂げていく、人と一緒に生きるということについて、バランスの部分と変わり続ける部分とをどういう風に作っていくか、この辺を考えるようになりました。

前半では20代についてお話をしていきたいと思います。

 

テニスにどっぷりハマっていた大学生活

大学生の時、どんな学生生活を送っていたか振り返ってみます。

今から20年近く前ですが、大学では私はテニスサークルに入っていて、一日の大半はテニスコートかミーティングで過ごす、という風にどっぷりハマっていました。
学校の勉強を真面目にやることがどうしてもできず、年がら年中テニスをしていました。

その時、サークルの代表として運営に関わっていたので、「組織をどうやって作っていくか」「テニスプレーヤーとして上手くなるにはどうしたらいいか」など、他のことを考えずにとにかくそれに集中する。
これが私のスタイルというか、生き方のようなものだったと思います。

毎日やっていたテニスも、シングルスで、とにかくミスをせずにつなぐというプレースタイルでした。
最近、テレビで錦織選手のようにものすごく速くパンパン打つテニスをやっていますが、私はどちらかというと山なりの、絶対ネットにかからないようなボールを何球打ち続けることが出来るかという、耐久レースのような試合をしていました。

あまりにも粘ろうとして体力の限界が来てしまい、全身がつって救急車で運ばれたことが2回ほどありました。
その時は体が硬直して、何十箇所とつるので声を出すくらいしかできない。
「助けて」といったら周りのみんなが私を抱えて救急車へ運んでくれて、そこで筋弛緩剤という注射を打たれて、気づいたら服を脱がされて、おむつを履かされた状態になっていて、そこで回復を待つ…
そんな恥ずかしい状態になるわけです。

それくらいになるまでテニスをやっていました。

 

とにかく仕事にエネルギーを注いだ20代

「ギリギリまでやるからこそ得られることがある」というのが私の考え方の根幹にあり、卒業後コンサル会社に入ったのですが、そこでもなんだかんだ仕事中心。
最初はなかなか仕事ができない新人からスタートしたのですが、とにかく時間をかけよう、ということだけは意識しているところがありました。

もちろんダラダラ働くのが良いことだ、という考えはありませんので、とにかく集中しようということです。
何か没頭して時間を割くとしたら、それは仕事だろう、と考えて、20代の時はとにかく仕事にエネルギーを注いでいました。

やはり最近の若い人と話をしていると、仕事というものに対して、そこまで期待とかポジティブな未来を描いていません。
「仕事はそこそこやって、●●を満喫したいです」とか「バランスとりたいです」とかが多いのです。

それは個人の生き方なので、私があれこれ強制出来るものではないですが、私が個人的に体験から感じることは、仕事に圧倒的に打ち込んで、物凄く集中してエネルギーを注いだからこそ得られるものがある、ということです。

 

ものすごくエネルギーを注ぐという体験から得られるものがある

ただ、20代30代を振り返ってみると、20代だからこそ仕事にあれだけ打ち込めたというのはあったのではないかと思います。
健康というのもそうですし、独身時代で何も気にせず、帰ったら寝るだけという生活で、朝から晩まで仕事に没頭することができました。
この状態を経験したというのは、今振り返っても物凄く大きいなと思います。

もちろんこれを一生続けるのは現実的ではありません。
しかし何か突き抜けるまでやる、よく「1万時間の法則」ということが言われますが、1万時間どころか何万時間も何かにものすごくエネルギーを注ぐと、やはりそれなりのレベルには達するものです。

営業という世界もそうです。
もとはといえば20代のときに1日200件テレアポして「この提案が失注したら切腹するしかない」くらいの覚悟で1件1件の提案を真剣にやっていました。
このようにものすごくエネルギーを注いで仕事をする体験があったから得られるものがあった、と本当に確信を持って言えます。

 

「圧倒的な集中」をするチャンスがあるのは若いうち

ただこれは振り返ってみて改めてそう思うことです。
いま若い方々で、これから人生どうしていこうかと考えるステージの人達もいっぱいいると思うのですが、なにか圧倒的にエネルギーを注ぎこむことで得られるものがあります。
そしてこういうものを得るチャンスがあるとすると、それは若いうちだなと思います。

自分の20代を振り返ってみると、100%完璧だったかと言われれば、もっとこうした方が良かったなということはいっぱいあるかもしれません。
しかし、何の後悔もなく私がとにかく仕事に力を注ぎこむことができたのは、色んな人の支えがあったからだと感謝することでもありますし、「圧倒的な集中」から得られるものがあったなというのが20代を振り返っての所感です。

 


ではそれが故の弊害や、そこで生じた壁に対して、30代になり私がどうしていったか。
これは後編でお話していきたいと思います。

 

TORiX株式会社
代表取締役 高橋浩一

====

Facebookでは、下記のページも運営しております。
法人営業 に対する課題をお持ちの方や、法人営業 においてどのようにしたら営業 成果をあげられるのか、また、持続的な成長組織構築のための営業研修 にご興味ある方は、一度ご覧になって見てください。
例えば、営業 において大切な「質問力 」に対する記事も多数ご用意させていただいておます。
日経ビジネスオンラインにて営業 法人営業 に関する記事も多数執筆させて頂いておりそちらの記事もご紹介させていただいております。
是非とも、Facebookページは下記リンクをクリックください。
法人営業 でお困りの方、法人営業 の組織構築方法や、「質問力 」をはじめとする、TORiX独自のメソッドにご興味持っていただけましたら、まずはこちらからお気軽にお問い合わせください。
提案書 を活用してお客様との関係性をよりよくしたいとお考えの方、法人営業の組織構築方法や、「質問力」をはじめとする、TORiX独自のメソッドにご興味持っていただけましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。