TORiX特別セミナー

営業のデータを「見る」から「使う」へ

営業プロセスマネジメントは、三位一体で実現する

nick-hillier-339049-unsplash.jpg


2019年4月9日(火)14:30-17:30

C WORK(麹町駅・半蔵門駅周辺)

営業部門、企画部門、人事部門の責任者様対象|定員15名

 

なぜ、大事な情報が「使える」状態で入っていないのか?

- 本セミナーで得られる5つのメリット-

 
 
 
トピック1 のコピー.png

営業強化における「接戦」の重要性と勝ち抜き方

トピック2 のコピー.png

課題とKPIを絞り込み、最適な入力項目を合意する方法

トピック3 のコピー.png

使えるデータを入力できる社内の仕組み

トピック4 のコピー.png

トップ営業に依存せず、属人的な営業組織を脱する道筋

トピック5 のコピー.png

三位一体の総力戦でPDCA文化を醸成する秘訣

 
 
 

多くの企業が、様々な営業支援のツールを導入し、データを入力しているにも関わらず、結局成果に結びつけることができていないのが現実です。実際に成果を出すためには、データの項目を増やしたり、掛け声をかけたりすることが必要なのではなく、「接戦」の意味を理解し、三位一体の総力戦で文化づくりに挑む必要があります。数時間のお時間をいただくことにはなりますが、ぜひご自身の目でこのノウハウが本物か偽物なのかをご確認ください。

ツールを導入したが成果が出ていない」「営業組織全体の底上げをしたい」「企画の数字と現場の実感の溝を埋めたい」「現実的に機能するKPIを設定して営業を推進したい」こうした課題や意欲をお持ちの方のご参加を心よりお待ちしております。

 
 

過去に数百人が参加したセミナーの内容を凝縮

 
DSC_0483.JPG
DSC_0480.JPG
日経MJ+東洋経済.png

本セミナーは、講師の高橋が過去に東洋経済や日経MJなどのセミナーに登壇し、400名の定員を大幅に超える600名以上にお申し込みをいただくなど、大変多くの方にご参加いただいたセミナーの内容を凝縮したものになります。

今回は従来の大型セミナーと比べて、より少人数での開催になりますので、インタラクティブなやりとりや質疑応答、個別のご相談といった充実したお時間をお過ごしいただけます。

 

開催概要

 

日時

2019年4月9日(火)14:30-17:30

場所

C WORK

〒102-0083 東京都千代田区麹町2-2-4 麹町セントラルビル 4F

・ 東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」 6番出口から徒歩 約1分
・ 東京メトロ有楽町線「麹町駅」 3番出口から徒歩 約4分

 

定員

先着15名(無料)

対象

法人営業の「受注率アップ」を目指す、営業部門、企画部門、人事部門の責任者様
※同業者様(人材育成業、研修業など)およびコンサルタントの方のご参加はご遠慮ください 
※同じ会社様から複数名の担当者様のご参加を歓迎しております。

主催

TORiX株式会社(トリックス)

 
 
 

セミナー講師

プロフィール3810.png

高橋 浩一 (たかはし こういち)

TORiX株式会社 代表取締役 CEO

代表取締役CEO 高橋浩一

東京大学経済学部卒業。ジェミニ・コンサルティング(後にブーズ・アンド・カンパニーと経営統合)を経て25歳で起業、企業研修のアルー株式会社に創業参画(取締役副社長に就任)。 商品なし・実績なしの状態から、業界トップレベルの受注率で自ら従業員1000名以上の大企業を50件以上、新規開拓。 その後、創業者が自分で営業するだけでは組織の成長が伸び悩むという課題に直面し、「営業経験なし」「社会人経験なし」のメンバーが毎年入社してくる中で、経営メンバーが現場に行かずとも、自律的にPDCAが回る組織体制と仕組みを構築。売上・利益とも大きく向上させ、3名でスタートした会社は6年で70名規模に。同社上場への成長プロセスにあたり、事業と組織の基盤を作り上げる。 2011年にTORiX株式会社を設立し、代表取締役に就任。 これまで、上場企業を中心に50業種3万人以上の営業強化を支援。行動変容を促す構造的アプローチに基づき、年間200本の研修、800件のコンサルティングを実施。8年間、自らがプレゼンしたコンペの勝率は100%を誇る。「お客様から選ばれる構造」に焦点を当てた再現性の高い方法論は、日経や東洋経済が主催する300人規模の講演が毎回満席になるほど好評を博し、日経BPが主催する課長塾"THE 営業力"では、継続してメイン講師を担当。 また、スタートアップへの出資やアドバイザー業務も行っており、東南アジア及び日本で活動するベンチャービルダーReapra Venturesのアウトサイドサポートメンバーも務める。

 
 

 

参加者の声

「日経MJフォーラム」と「東洋経済セミナー」に講師としてお招きいただいた際の「参加者の声」をご紹介します。

 
技術職 のコピー 5.png

大手メーカー 経営企画部長様

実際に成果が出るような「使えるデータ」にするためのポイントが非常に明確になり、大変参考になりました。明日からでも実践していきたいと思います。

サラリーマン.png

大手証券会社 人事部長様

受注できるかどうか瀬戸際にある接戦を三位一体の総力戦で勝っていくということの重要性がよく伝わってきました。エースの育成の重要性も今後、参考にしていきたいと思います。

技術職 のコピー 5.png

大手材料メーカー 営業本部長様

接戦となる案件を明確にするためにも、データ入力が必要という点を理解でき、営業強化を推進するための論点が明確になった気がします。

物流.png

中堅サービス業 経営企画室長様

我が社の会議を覗かれたのか?と思うような内容で、本当に驚きました。接戦が重要という理解が得られたのが大きな収穫でした。

技術職.png

中堅・流通業 営業本部長様

データを活用した具体的なPDCAのサイクル運用をイメージすることができました。接戦の詳細をAIを使って改善・共有していくことが勝ち抜いていくためには必要なのだと理解しました。

アートボード 3.png

大手損保 営業企画部長様

営業企画という立場として、どういった観点で企画・推進する必要があるのか、どういったデータが使えるデータなのかが分かり参考になりました。改めて、文化を醸成するところから初めていきたいと思います。

 

 

主催

 
ロゴ.png
 
 
 

私たちは、勝てる法人営業組織をつくる専門家です。

私たちTORiX株式会社は、人材育成の課題に対して「組織に共通言語を根づかせる」アプローチで解決します。
トヨタにおける「カイゼン」「見える化」「なぜなぜ5回」は有名な例ですが、特定のキーワードに基づく仕事の進め方が社内に浸透すると、それは強力な共通言語となります。
TORiXでは、「個人における習慣化」と「組織コミュニケーション」の両面から、共通言語化を支援します。

1. 人材育成のための研修
2. 組織開発と仕組みづくり
3. 業績向上のためのコンサルティング

この3領域を掛け合わせて、営業組織や新しく事業を創る組織の「現場」に入り込み、お客様との二人三脚によって課題解決に向けて伴走いたします。

 

主なお客様(他70社程度)

サッポロ.png
dip.png
資生堂.png
nitto.png
オムロン.png
グリコ.png
日本生命.png
oki.png
KPMG.png
 
 

 

本セミナーのお問い合わせ