事業開発コンサルタント・ソプラノ歌手・母、三足のわらじを履きながら活躍する秘訣

”紫乃ママ・こうちゃんのラジオスナック”
2019年5月6日放送 ゲスト:秋山ゆかりさん

5月6日(月)の放送は、事業開発コンサルタントでありソプラノ歌手でもある秋山ゆかりさんをゲストにお迎えしてお送りしました。

インターネット・エンジニアのキャリアを重ね、ボストン・コンサルティング・グループの戦略コンサルタント、GE Internationalの戦略・事業開発本部長等を歴任。
2012年に独立し、戦略・事業開発コンサルティングを行う会社を設立された秋山さん。

そして、TV朝日「題名のない音楽会」では「奇跡のハイヴォイス」と評される声楽家としても活躍中という、少し変わったご経歴のお方です。

 
 

1年ほど前に「自由に働くための仕事のルール」「自由に働くための出世のルール」という2冊の書籍を出版された秋山さん。

内容は、例えばビジネスでの場面場面に合った服装についてなど、かなり具体的なものとのこと。
その他にも仕事をしていく上で大切なことが詰まっているのだそう。


そんな秋山さんの悩みの解決方法は、”論文検索”。
何か悩むことがあった時には、先人の知恵が詰まった論文を検索するという、かなりロジカルな方法を取っているそうです。

もし解決できるような論文が見つからない場合は、「まだ人類が解決できていない問題なんだ」と思い、「悩みを悩みではなくする」という解決方法。

そして、嫌なことは引きずらず、悩んだとしてもそのうち悩むことに疲れ、めんどくさくなって忘れてしまうという秋山さんでした。


高橋の裏話

秋山ゆかりさんは、バリバリのコンサルタントでありつつも、声楽家というかなりユニークなキャリアをお持ちの方。
以前から面識はあったものの、こうやってじっくりお話するのは初めてでした。

音楽の世界で「好きな音楽を仕事にしているのだけど、なかなか食べていくのが大変」という方が多い中、ご自身のプロデュースを自ら行い収益化されていて、さらにプライベートでは子育てもされている…
そんなお話を楽屋でもお聞きすることができ、刺激的な時間でした。

スーパーなゆかりさんのお悩み解決方法が「論文検索」というのは、本当に予想しない角度から飛んできました(笑)